日本脱出したい人の海外移住入門

日本脱出しよう!と考える人の海外移住の方法

東日本大震災後、風評被害・不況による将来の不安から、
日本を脱出したいという人が増えてきていると思います。
実際に、日本を脱出して、どのように海外移住するのか、海外生活で
役立つ情報を色々と思いつくだけ載せようと思い、
このサイトを開設しました。

 

2009年以降、就職氷河期時期といわれていますが、
ハローワークに行ってみると、本当に求人数が
減っていると感じました。
私が新卒で就職活動をしていた時期も就職氷河期ど真ん中で
求人が少なく、応募しても内定もなかなかとれず、
何もかも嫌になった時期がありました。

 

近隣諸国は、急成長して盛り上がっていますが、
この国は、もう成長が止まったんだなとつくづく感じます。
日本の国旗は「昇る太陽(ライジング・サン)」を意味していますが、
今の日本は「沈む太陽」などと比喩する人もいるほどです。

 

最近の若者は「内向き志向」と呼ばれて、留学希望者が
減っているとニュースなどで報道されています。
それに対して大抵の人は、若者に対する否定的な
コメントをしています。

 

しかし、留学者が減るのは仕方がないと思います。
留学には、渡航費用、学費、生活費など、多額な費用が必要です。
留学者をサポートする両親等の所得が減っているなら
控えるのは当然ですし、内向き志向も増えていくのです。

 

この国自体は、成長時期は終わり、既に成熟した先進国になりました。
現在は、少子高齢化で人口も減り、これ以上の経済成長は見込めないでしょう。
GDPは中国に抜かれましたし、今後も続々と新興国に
抜かれることは確実ですね。
母国に見切りを付けるつもりありませんが、だったら
「海外へ移住してもいいんじゃないか。機会があれば
働いても...。」と思った人が私以外にもいるんじゃないかなと思い、
このサイトを開設しました。

 

実際に、海外に住んでみると、外から日本を見ることができ、
日本、日本人ってこんなふうに見られていたのかと
いろいろと発見することがあると思います。

 

私が実際に海外生活して役立った情報、特にマニアックな
情報を紹介したいと思います。

 

相互リンクサイト

 

脱内向き志向!ゆとり世代の為の青年海外協力隊のススメ
ニートの青年、40手前のリストラに怯えている人、
海外に住んでみたい人は必見!
ニート、ブラック企業社員経て、教員免許不保持ながら理数科教師
として活動したアラフォー男の海外ボランティア情報サイトです。